カテゴリー別アーカイブ: インターネット

nano SIM(LTE) ではなく、VoLTE用 SIMが対応するでは?

最近は、SIMロックフリーのノートパソコンが増えていますが、私が使用しているPanasonic Let’s note CF-SV7もSIMを内蔵できます。

いちいちWi-fi端末などを持つ必要がなく、すぐに接続できるのも魅力です。

私は格安SIMの中でもUQモバイルを使っているのですが、通常のLTEのnano SIMを新規に契約し、Let’s noteに挿入してみました。

しかし、正しく設定しているにも関わらず、2分もすると圏外になってしまいました。2分間はつながるのですから、APNの設定は正しいと予想できます。

そこで、SIMの種類が違うのではないかと疑い、スマホ(Xperia XZs)のVoLTE SIMを挿したところ、案の定、接続が持続しました。

スマホの種類を変更するしかなく、結果、パソコン用のSIMの切り替えに手数料が3,240円発生してしまいました。

契約する前に、Panasonicのサイトを確認したのですが、VoLTEとは書いていませんでした。

au回線とドコモ回線で違う可能性もあるのですが、UQ mobileを使用としている方はご注意ください。

UQを炎上させるのではなく、勉強料だと思えばどうか

RBB TODAYが2015年7月14日にネットで報道した以下の内容、

UQ WiMAXの「3日間で3GB」制限、規制時速度や広告表現を見直しへ
http://www.rbbtoday.com/article/2015/07/14/133334.html

を要約すれば、

「3日間で3GB以上の通信量になると通信速度が制限されるにもかかわらず、その規制を明示せず、あたかも制限が無いような広告を行っていた。また、最大220Mbpsの速度があるとしていたが、実際には5~10Mbpsの速度しか出ない。」

という感じでしょう。特に、契約者の怒りが集中しているのは「3日間で3GB」の規制です。

ですが、私はこの「怒り」に多少疑問を感じています。

現在のモバイル通信において、通信量にどの程度の制限があるのかは、必須の確認事項だと思います。もしそれが明示されていないのであれば、確認してから契約をしなければなりません。

もしこの確認ミスが、自家用車や住宅の契約、会社の取引で発生したとしたら、とんでもない損害をこうむる可能性があります。UQの場合、解約違約金は1万円~2万円でしょうから、勉強料としては適当ではないでしょうか。

 
実は私もUQ WiMAX 2+を契約していたのですが、3日で3GBの規制が想像以上に厳しく、違約金を2万円近く払い解約する事にしました。

ただ、私は「3日で3GB」の制限が適用される可能性があることを認識していましたし、違約金の額も認識していました。ですので、批判・炎上は筋違いであると考えています。

 
一方で、憤慨している人を擁護できる点は、回線が混雑していないだろう時間帯まで、通信速度を一律1Mbpsに制限する事です。

また、1日で3GBの通信料を使い切ってしまうと、翌日から3日間も制限される事になります(http://www.uqwimax.jp/lp/3gb/)。

規制後の回線速度(1Mbps)は、一般的なサイトであればあまりストレス無く表示されるものの、Google Mapのように、画像が多用されるサイトは、かなり表示に時間がかかります。使い物にならない、と言ってもいいかも知れません。

可能な限り、規制をゆるくするような努力を、UQが講じてくれる事を期待しています。

オールドドメインは強い(と思われる)

弊社はSEOに関しては専門ではありませんが、ITとインターネットが切り離せない存在となり、インターネットとSEOが切り離せない存在である以上、関心は持つようにしています。

今回は、「オールドドメイン」はSEO上、効果が高いのではないか、という話です。

ある任意団体のウェブサイトの話ですが、これまでの「プロバイダー」配下のURLから、独自ドメインのURLへ引っ越しをしました。

古いサイトは一定期間経過の後、閉鎖をするのが普通ですが、この団体のサイトは、旧サイトに新サイトへのリンクは存在するものの、サイトとしては残したままにしてあります。

すると、新サイト開設から1年以上経っても、検索順位は1位が旧サイト、2位が新サイトのままです。

通常、

http://wwwXX.ocn.ne.jp/~sample/

のようなプロバイダー配下のウェブサイト(例はOCN)はSEO的に不利だと言われています。しかし、この団体のサイトはいつまで経っても旧サイトのほうが上位に来ます。

新旧サイトを比較しても、ページ数や被リンクはほとんど変わりません。旧サイトの更新はほぼありません。にもかかわらず、この順位と言うのは「オールドドメイン(今回の場合は、オールドURLというのが正しいと思いますが)」によるものと、予想しています。