nano SIM(LTE) ではなく、VoLTE用 SIMが対応するでは?

最近は、SIMロックフリーのノートパソコンが増えていますが、私が使用しているPanasonic Let’s note CF-SV7もSIMを内蔵できます。

いちいちWi-fi端末などを持つ必要がなく、すぐに接続できるのも魅力です。

私は格安SIMの中でもUQモバイルを使っているのですが、通常のLTEのnano SIMを新規に契約し、Let’s noteに挿入してみました。

しかし、正しく設定しているにも関わらず、2分もすると圏外になってしまいました。2分間はつながるのですから、APNの設定は正しいと予想できます。

そこで、SIMの種類が違うのではないかと疑い、スマホ(Xperia XZs)のVoLTE SIMを挿したところ、案の定、接続が持続しました。

スマホの種類を変更するしかなく、結果、パソコン用のSIMの切り替えに手数料が3,240円発生してしまいました。

契約する前に、Panasonicのサイトを確認したのですが、VoLTEとは書いていませんでした。

au回線とドコモ回線で違う可能性もあるのですが、UQ mobileを使用としている方はご注意ください。

Let’s note 2017春モデル(SZ6、XZ6、LX6シリーズ)の考察

いつもは中古のLet’s noteを買い漁ることがほとんどですが、たまたま、お客様から最新・新品のLet’s noteの購入代行依頼を受けました。

お客様の候補は、SZ6シリーズ。ただ、SZシリーズは解像度がWUXGA(1920*1200)で、12.1インチで表示したら、文字が小さすぎて見えないだろうに、と心配していました。

なので、14インチでFull HD(1920*1080)のLX6も候補としました。ただ、以前、B10を使用していましたが、15.6インチでFull HDでも文字は小さかったので、14インチでFull HDもかなり文字は小さくなるだろうと思われます。

お急ぎとの事だったので、秋葉原に出向いて選定しました。しかし、Let’s noteはもう、ほとんど店頭には置いてありませんでした。個人が店頭で買うような機種ではないのでしょう。

秋葉原のヤマダ電機でLX6の実物を見ると、やはり大きい。持ち運ぶことも想定されたので、LX6は早々に候補から外しました。

SZ6はすでに売り切れで、実物は置いてありませんでした。ちょうど、夏モデル発売直前で、在庫が無い時期だったのです。

そんな中、ディスプレイ部分を取り外すと、タブレットにもなるXZ6の実物が置いてありました。XZ6の解像度はなんとQHD(2560*1440)。

SZ6もXZ6も高解像度でどうするのだろう?と思っていましたが。Win10の機能で拡大をすることで、見やすい大きさにすることがわかりました。AppleのRetinaディスプレイ搭載機と同様の発想です。

なので、Win7で使おうとすると、文字がぼやけてしまう可能性があります(実際に試してみたわけではありませんが)。また、Win10でも、対応していないアプリや、解像度が低い画像などはぼやけます。

XZ6も悪くないし、想像より価格が安かったです。おそらく、人気が無いのでしょう。お客様にXZ6を勧める手もありましたが、最終的には断念しました。理由は、ディスプレイが脱着できることによる壊れやすさの心配と、ディスプレイがグレア(光沢あり)だった事です。

急いでいたので、価格.com掲載店の中でも、店頭で受け取れる店を選び、SZ6を購入しました。

SZ6をいざセットアップすると、LTE対応モデルということもありますが、なんでもかんでも外部のサーバーに送信するような設定になっていました。なので、ほとんどの情報を外部サーバーに送信しないような設定にしました。

購入したのは”CF-SZ6JFMQR”というモデルですが、CPUがCore i7-7500Uなので、ちょっと動作が速いようにも思いましたが、SX2のi5-3320Mと比べ「格段に速い」とまでは言えないようにも思います。電池の持ちはずっと良くなっていると思いますが。

あと、LTE対応版だと、スマホやタブレット感覚で位置情報を使える可能性があります。Facebookで場所のタグを簡単に付加することができるのかもしれません。

もし、次にLet’s noteを買う場合は、LTEモデルにし、Win10で運用すると便利かもしれない、と思いました。

いよいよ、Win7も終わりが見えてきたかな、と考えさせられました。

※乱文ですみません。順次、校正していきたいと思います。

「あて先ラベル印刷ソリューション」を構築しました

先日「AMAZONマーケットプレイスは儲からない(少なくとも弊社は)」という記事を書きましたが、Amazon経由での販売を断念し、これまでどおり「ヤフオク」で販売せざるを得なくなりました。

そのヤフオクはいくつも「手間のかかる」作業が発生しますが、その一つに「発送作業」があります。

今後、単価の安い機器(USBケーブル等)を発送する際、多くが送料の安い「定形外普通郵便」になると思われます。ただ、字が汚い私にとって「宛名書き」は億劫な作業です。

そこで、「あて先ラベル印刷ソリューション」を構築しました!

その画面(エクセルシート)です。

はい、そこ、「しょぼっ」とか言わない(笑)。

まず、ヤフオクの「落札者」の方の「氏名・住所」をこのシートに貼り付けます。その後、

このシートを開き、「印刷」ボタンを押します。すると、こんな感じで印刷されます。

プリンターはブラザー製 QL-720NW という機種なのですが、中に感熱紙のラベルロールが入っていますので、インクやリボンの補充は不要で、高速にラベルを印刷することができます。

差出人はいつも同じですから、これまでどおり、A4のラベルシートを利用して、貼り付けます。

すでに、何枚もあて先ラベルを印刷していますが、かなり便利になりました。

Amazonマーケットプレイスは儲からない(少なくとも弊社は)

訳あって、新品のスマホ周辺機器(USB充電機器、等)を何百個と抱えることになり、置き場所に困っていました。

当初、ヤフオクに出品して売却していたのですが、出品や発送に手間がかかる割に売上や利益が少なく、本業(システム開発)が忙しくなると機器をほったらかしにしているのが実情でした。

そんな中、Amazonのマーケットプレイスで販売できることを知り、実践してみました。

しかし、結果から言えばほとんど売れず、期待した効果は得られませんでした。

Amazonの集客力・販売力は私を含め、誰もが認めることでしょうが、いくつかの好条件が重ならないと、効果を得るのは難しいのではないでしょうか。

私の経験から、以下の項目が当てはまるほど、マーケットプレイスでの販売は難しいと思います。

・本家Amazonと商品が被る。
・商品の販売価格が低い(1,000円未満である)。
・商品の独自性が低い(どこでも売っている)。
・販売個数が少ない。事業規模が小さい。
・売りたい商品に制限がかかっている(事前に調べるべき)。

まず、マーケットプレイスには「大口出品」者と「小口出品」者があり、大口出品登録する場合、月5,000円弱の手数料がかかります。小口出品の場合は1商品ごとに100円の手数料がかかりますが、大口出品の場合はかかりません。その他、大口出品のほうが月額手数料を支払う分、優遇されている事が多いです(詳細は省略します)。

この5,000円の手数料が、商品の販売価格が低く、数も少ない場合にそこそこ重くのしかかります。

また、Amazonの「ウリ」に「迅速発送」「2,000円以上は送料無料」がありますが、それを求めるお客に対応するため、マーケットプレイス業者も「フルフィルメント by Amazon(FBA)」というサービスを利用する事が推奨されるのですが、当然、手数料がかかります。それも決して安くありません。

さらには、販売価格を低く設定すると、強制的に「まとめ買い対象商品」にされたり、ひどい場合には、売りたい商品が販売できない事もあります。CDや食品、アダルトのようなカテゴリーだけではなく、特定の商品(新商品や売れ筋商品なのではないかと予想します)が販売登録できない事があります。

例えば、私が所有している、USBケーブルを直接コンセントに繋げるACアダプターが販売できませんでした。サポートセンターに確認しても、「現在、この商品を売りたい業者に制限をかけていて、理由は非公開、いつ解除されるかも不明。」という返答でした。

「まとめ買い対象」や「販売可能商品の制限」は結局はAmazon都合なのだろうと思いました。

また、購入者の立場になればわかることですが「ちょっとした価格差だったならば、多少高くても安心できるAmazonで買う」という事が起こっていると思います。

例えば、スマホ充電用USBケーブルを販売していたのですが、本家Amazonの価格が430円だったのに対し、弊社が420円で設定しても、全く売れませんでした。そこで、実験的に390円で設定したところ、1日で完売(全8本)しました。

しかし、390円で売れても、Amazonへ支払う手数料(FBA利用)を引くと、1本あたり11円しか残りません。先述した「大口出品者手数料」の分だけ赤字です。ましてや、今回は商品原価(仕入額)を意識しなくてもいいのですが、仮に仕入れが発生するとしたら、やるだけ損な取引です。

なぜこうなるのか?それは、先述した「儲からないパターン」の項目がいくつも当てはまるからです。

マーケットプレイスの仕組みをみると、どんなに高価なものでも、「発送手数料」や「倉庫保管手数料」は大きさによって決まります。商品が売れるたびに発生する手数料は、販売金額の何%となりますが、「小さくて高価なもの」であれば、商機はあるかもしれません。

物販とはなかなか難しいものだと、携わってみてわかりました。

Office 365 でログインができない

MicrosoftのOffce 365のメールが確認できず、これまで使っていたURLにアクセスしたところ、

************************************
問題が発生しました
組織には削除のマークが付けられています。この状態が予期しないものである場合は、Office 365 サポートにお問い合わせください。************************************

と表示され、ログインしなおそうと思っても、処理がループするような状況になりました。

仕事で365のメールを使っている私にとっては致命的で、早速、マイクロソフトに問い合わせをしました。

すると、私が契約していた 「Office 365 Small Business」というプランは、2016年の後半に廃止になり、30~60日の猶予期間ののち、順次、使えなくなるとの事でした。

私の場合、使用状況から後継プランの「Office 365 Business Essentials」にしたのですが、オンライン(Office 365 管理センター)から移行することが可能です。

ただ、多少手順がありますので、必要に応じてマイクロソフトのサポートに連絡をし、手順を教示してもらうのがよいでしょう。
https://support.office.com/ja-jp/article/%E4%B8%80%E8%88%AC%E6%B3%95%E4%BA%BA%E5%90%91%E3%81%91-Office-365-%E3%81%AE%E3%82%B5%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%B8%E3%81%AE%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B-%E7%AE%A1%E7%90%86%E8%80%85%E5%90%91%E3%81%91%E3%83%98%E3%83%AB%E3%83%97-32a17ca7-6fa0-4870-8a8d-e25ba4ccfd4b

切り替え後、過去のメールも見られるようになりましたが、私の環境では切り替え後1時間くらいかかりました。

効果があったかどうかは不明ですが、対象のメールアドレスに外部からメールを送った直後に、メールボックスを確認することができるようになりましたので、おまじない程度に実施されてください。

【Excel】セルに値が入力された場合だけ、特定の文字列を付加する方法

エクセルで、セルに値が入力された場合のみ、その値に特定の文字を付加する方法を考えてみました。例えば、セルA1に名前が入力された場合に、”様”を付加する、という感じです。

そのセルに直接入力があるので、セルにIF関数を設定することは出来ません。また、マクロ(VBA)も使わない事とします。

条件付書式を使って実現しました(以下の方法はExcel 2013で確認しました)。

1.リボンの[条件付書式]をクリックし、「新しいルール(N)…」を選択します。
2.「ルールの種類を選択してください(S):」で「指定の値を含むセルだけを書式設定」を選びます。
3.「ルールの内容を編集してください(E):」の「次のセルのみを書式設定(O):」の一番左のコンボボックスを「空白なし」にします。
4.右下付近にある「書式(F)…」をクリックし、「表示形式」タブシートの「分類」を「ユーザー定義」にし、「種類(T):」の下のテキストボックスに
@”様”
と入力します。

これで、指定のセルに値を入力すれば、その値に”様”が付加された状態になり、値を削除すれば、”様”も一緒に表示されなくなります。

インクジェットプリンターの目詰まり

現在使っているCanonのインクジェットプリンターで、青色が「まだら」に印刷されるという事象が発生しました。

すぐにプリンターの機能として備わっている「ヘッドのクリーニング」を実施しましたが改善されず、3回実施してもダメでしたので、困りました。

ここから先の対処を実行する場合には、十分気をつけて、かつ、自己責任の下で行っていただくのですが、対象のインクタンクを取り外し、インクを本体に取り込む箇所を布等で軽く当てるように掃除をしたら、きれいに印刷されるようになりました。

私は低価格のため、「互換インク」と呼ばれるものを利用していますが、これが原因だった可能性があります。

互換インクの一番の問題は、プリンター本体がインク残量を正しく判断できないことです。私が使っている互換インクでは、「残りわずか」の状態のインクを一回はずし、再度取り付けただけで「満タン」表示になりました。

インクがない状態で一定期間放置すると、インクが乾き、いろいろな箇所が詰まる可能性が出てきます。定期的に「ノズルチェックパターン印刷」をして、インクが固まらないような方策をとるのがよいでしょう。

Excel VBA でサブプロシージャー(関数)がCall されない(呼び出されない)

Excel VBAでコーディングしている時に、なぜか、サブプロシージャーに処理が渡らない事があり、少し悩みました。SubをCallしているのに、そちらに処理が移動せず、処理が終了してしまいます。

原因はフォームをUnloadしていた為でした。

直前の処理の中で実行中のフォームをアンロードすると、そのフォームのコードとして記述していたPrivate Sub をCallしても、エラーも発生せず、素通りしてしまうようです。

対策は、実行したいプロシージャーが終了するまで、フォームをUnloadしないことです。

この件について、いつか詳しく調査をしてみたいと思います。

設立10周年を迎えました

2016年10月2日、EJプランニング株式会社は設立10周年を迎えました。

日頃より、多くの皆様にご愛顧いただき、ありがとうございます。

10周年という大きな節目でしたが、日々の業務に追われ、告知すら4日後になってしまいました。弊社らしいと言えば、弊社らしいですが。

よく、10年以上継続する会社は5%程度、などと報道されていますが、私の周りで「倒産・廃業」されたところはほとんどありません。創業間もないところと取引が無いだけかもしれませんが、そこまで起業は「狭き門」では無いのではないか、というのが個人的な感想です。

また、長く企業を存続させることができる方々と取引させていただいているからこそ、弊社も10周年を迎えられたのだと思います。

なんとか時間を作って、少しは「10年間の振り返り」をしたいと思っています。

皆様、今後ともよろしくお願いいたします。

新規インストール後、Windows Updateが応答なしに(Windows 7)

Windows 7 をクリーンインストールした後、Windows Updateを実行すると、いつまで経っても終わらない、という状況に陥る事があります。DSP版のWin7では必ずそうなるような気がします。

対処方法として、以下のマイクロソフトのコミュニティが参考になります。

http://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_7-update/windowsupdate%E3%81%A7%E6%9B%B4%E6%96%B0%E3%83%97/5ac1569e-cee4-4b11-90f5-1116a09f7686?page=2&auth=1

いろいろ書かれていますが、私の場合、ほとんどが64bit版なので、本文中、

>64bitをお使いのようですので・・・正しくは KB3145739 をダウンロードします。

とある、以下のUpdateを手動で実行すると、Windows Updateが完了します。
https://www.microsoft.com/ja-jp/download/search.aspx?q=KB3145739

それでも、更新の一覧を取得するまでに、3時間以上(機種のスペックによっては5時間以上)かかりますので、気長に待つしか無いです。

[タスクマネージャー]-[プロセス]で「すべてのユーザーのプロセスを表示」を押し、TrustedInstaller.exe が実行されていれば上手くいっている、と私は判断しています(確証なし)。

svchost.exeのメモリ使用量がとんでもないことになっていると思いますが、多分大丈夫でしょう。

その後、Updateの一覧が250項目以上になりますが、最初のUpdate実行は上から100未満に絞った方が良さそうです(個人的な経験から)。一度に実行すると、大量の「更新失敗」が発生する事があるためです。

Win7が発売されたのが2009年10月ですので、更新項目が溜まってしまうのですね。